成功への道しるべ!スピードコーチングはどのようにセミナーが進むのか | スピードコーチングコラム

成功への道しるべ!スピードコーチングはどのようにセミナーが進むのか

スピードコーチングのコースのおさらい

スピードコーチングには2つのコースがあります。
ひとつは2日間で集中的にエッセンスを学ぶ、MOVEコーチング。もうひとつが、6日間でじっくりとコーチングを学ぶ、スピードコーチング本講座です。

では、実際どのようにセミナーが進んでいくのか。気になるところですよね。

その秘密全てをここでお伝えすることはできませんが、MOVEコーチングのセミナー全体の流れや内容を追ってみましょう。

2日間のセミナーの大まかな流れ

MOVEコーチングは、2日間で認定資格を取得できる講座となっています。
大きな目的としては、行動の原理や原則を知ることで、自分自身が楽しく行動できるようになること。自分自身の人生をより有益に、より楽しく過ごせるようなメソッドを学ぶことです。

そのため2日間の講座の1日目にはまず、自分が潜在意識の中で望んでいる本当のことを探ったり、自分自身のモチベーションをコントロールしたりする方法を学びます。
その内容をもとに、2日目には人生設計図を書き換えるメソッドや、自分の既成概念を壊して大きな成功を得るためのメソッドを学びます。

各日では具体的にはどのようなことを学ぶのか

2日とも、1日の内容は2部構成になっています。

1日目の第一部が「Power Understanding」。ざっくりと言うと、「自分や世界を理解する」ための時間です。「自分と他人の考えにギャップが生まれるのはなぜなのか」という身近な疑問を解き明かし、自分のもの以外の世界観も理解することを学びます。

そしてそこから、普段は社会的な常識や周りに配慮して押し殺されている、自分が潜在意識レベルで望んでいる本当の望みを探ります。簡単に言うと「本当の自分探し」です。自分とは何なのか。それを知ることから、すべてが始まります。

そして1日目の第二部で、今まで押し殺されていた潜在意識レベルの希望をもとにして、モチベーションをアップする方法を学びます。このことで、成功に必要な「やる気」を作り出すことができるようになります。

日にちが変わって2日目。前回で自分自身の願望を知ったので、それを叶える方法──無意識の行動規範を明確にし、人生の設計図を書き換える方法を学びます。

そして仕上げの第二部では、日本人に合った成功戦略を構築する実際の方法や、成功を妨げるマインドブロックを外す方法を学びます。

2日間が終わったころには、自分を知り、他人を知り、また自分の願いを叶えるための方法を知っている自分になっていることでしょう。

「自分の人生ってこんなものなのかな」と思うことは、誰でもあります。ですが、人生は簡単に変わります。

その瞬間を、あなたも体感してみませんか?

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP