MOVEコーチングとスピードコーチング本講座の違いは? | スピードコーチングコラム

MOVEコーチングとスピードコーチング本講座の違いは?

2つの違いは?

スピードコーチングのサイトをみると、コーチング講座のメニューとして「MOVEコーチング」というメニューと「スピードコーチング本講座」というメニューがあるのに気づくと思います。

いったいこの2つの講座にはどのような違いがあるのでしょう。

日数が違う

MOVEコーチングは2日間という超短期間。
とはいえ、1日8時間という充実したプログラムなので、日数以上の体験が得られるはずです。
一方、スピードコーチング本講座は6日間。
1日あたりはMOVEコーチングスピード講座と同じく8時間、みっちりと学べるプログラムとなっています。いずれも、コーチングセミナーとしては、日数は多くない方です。

無駄のない適切なカリキュラムを組み、手厚い再受講制度で支えるスピードコーチングならではのスケジュールだと言えます。

内容が違う

日数が違うということは、もちろん内容も異なってきます。
短期間のMOVEコーチングは、日数が少ないからと言って決してレベルが低いものではありません。スピードコーチングのエッセンスをふんだんに取り入れた、密度の濃いものになっています。

そして、その短期間で確実にメソッドを伝えるために、より分かりやすく、より心に響くカリキュラムをとっています。日数が短いとは言え、効果がなければ意味がありません。何かが変わらなければ意味がありません。ですからMOVEコーチングは、より「短期間で自分の生活や人生を変えること」にフォーカスした内容となっています。

一方、スピードコーチング本講座は、「自分だけでなく人の可能性を引き出すスキルを身につけること」にフォーカスした内容となっています。

いずれも、ただ「変える」だけでなく、「劇的に変える」ことが特徴です。

再受講可能回数が違う

スピードコーチングの大きなメリットは、無料で繰り返し再受講ができること。MOVEコーチングでもスピードコーチング本講座でも、再受講が可能です。MOVEコーチングは2回まで無料で再受講が可能。で、スピードコーチング本講座の場合は3年間回数無制限で再受講が可能です。

まずは短期のMOVEコーチングからがおすすめ

では、どちらを受講すればいいのでしょう?もちろん、どちらを受講しても大きな変化を実感できるのですが、やはり参加の気軽さから人気なのが、MOVEコーチング。

短期とは言えスピードコーチングの要点を確実に得られるうえ、3回も繰り返し受講できる手厚さは、数あるコーチングセミナーでも他に類を見ません。初心者向けということもあり、分かりやすく、確実に「変わる」ことが実感できる点も人気の理由の一つでしょう。

効果が本当に出るのか少し不安、という方はまずMOVEコーチングを受けてみて、「これはもっと勉強したい!」と思ったら本講座を受けるのが良いのではないでしょうか。
実際、そうしている方が多いようです。

ちなみに、どちらの講座も受講することで認定資格を取得することができます。肩書きとして書くことができる資格なので、とっておいて損はないでしょう。

また、無料のメールマガジン講座もあるので、まずは様子を見てみたいという方は申し込んでみることをお勧めします。

スピードコーチング講座Q&A

Q.MOVEコーチングの参加者はどのような方が多いですか?

30代~40代のビジネスパーソン(会社員、経営者、個人事業主)の方を中心に、10代学生~70代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。男女比は同じくらいです。
自分の人生に役立てたい、家族との関係をよくしたい、今の仕事に活かしたい、コーチとして活動していきたい、など受講目的はさまざまですが、受講後の感想で「互いの夢を応援しあい、成長を助け合える仲間ができた」とおっしゃる方が多いです。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP