上司の対応にうんざり!? ストレスを避ける効果的な対処法とは | スピードコーチングコラム

上司の対応にうんざり!? ストレスを避ける効果的な対処法とは

職場の人間関係

「すべての悩みは人間関係につながる」という言葉もあるとおり、仕事上の悩みも、最終的には仕事に関係するひとが原因となっているのかもしれません。たとえば、あなたはどんな悩みを抱えていますか?とくに深い意味もなく、仕事そのものが憂鬱と感じている場合には、ぜひ人間関係を疑ってみてください。一緒に仕事をするひとが、みな自分の好きな人であれば、もっと仕事に対して前のめりになれると思いませんか。反対に、人間関係がギクシャクしていると、たとえ大好きな仕事でも苦痛となってしまうものです。

上司への苦手意識

とくに、上司に対して苦手意識がある方は、仕事場に行くのも苦痛なのではないでしょうか。
指示をあおいだり、意見をうかがったりしなければならない上司という存在は、仕事をする上で避けては通れない存在です。他の社員の前で怒鳴られてしまうなど、たとえ自分が悪くても嫌なことですよね。そうしたことがトラウマとなり、やがてはストレスとして蓄積されてしまうかもしれもしれません。

効果的な対処法

では、そんな苦手な上司に対しては、どのような対処法を講じればいいのでしょうか。上司のタイプ別に、効果的な対処法を考えてみましょう。

1.話好きな上司

たとえば、話し好きな上司の場合。仕事の時間をズルズルと奪われて、挙句の果てには残業をしなければならなくなってしまう。
たまには、そういうこともコミュニケーションとして大事かもしれませんが、連日では困ってしまいますよね。ですので、話し好きの上司の場合には、受け流してしまうのが一番。しつこく突っ込まれた場合には、仕事の時間を奪わないようにハッキリと言及することが大事でしょう。

2.ヒステリックな上司

また、女性に多い特性として、ヒステリックな上司もいます。体の調子によって態度をコロコロと変えられては、部下としても困りますよね。
そういう上司に対しては、ちょっとした心遣いが有効です。甘いモノを用意しておいたり、優しい言葉をかけてあげるだけでも、信頼を勝ち取れることがあるかもしれません。

3.馴れ馴れしい上司

最後は、必要以上に馴れ馴れしい上司です。プライベートの話を執拗に聞こうとする場合には、こと異性であればセクハラにもなり兼ねませんね。もっとも、穏便に対処する場合には、答えたくないことは答えなくていいと腹をくくりましょう。笑顔でその場をごまかしてしまうのも有効です。

積極的な働きかけを

いずれにしても、苦手な上司に対しては、こちらから積極的に働きかけることが一番です。相手に主導権を握られてしまうと、いつまで経っても問題は解決しませんよ。たとえば、部下から上司に対してコーチングを行うことも可能です。

 

スピードコーチング講座Q&A

Q.MOVEコーチングの参加者はどのような方が多いですか?

30代~40代のビジネスパーソン(会社員、経営者、個人事業主)の方を中心に、10代学生~70代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。男女比は同じくらいです。
自分の人生に役立てたい、家族との関係をよくしたい、今の仕事に活かしたい、コーチとして活動していきたい、など受講目的はさまざまですが、受講後の感想で「互いの夢を応援しあい、成長を助け合える仲間ができた」とおっしゃる方が多いです。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP