人生に絶望しても生きる!自殺をなくすためにできること | スピードコーチングコラム

人生に絶望しても生きる!自殺をなくすためにできること

絶望による自殺者の増加

日本の格差社会化が叫ばれて久しい昨今。20世紀には2万人台で抑えられていた自殺者数も、21世紀に入ると3万人を超える水準にまで増加しています。

そのきっかけとなったのは、ご存知「バブルの崩壊」ではありますが、問題の根幹はその数が減っていないことにあります。失われた20年とも言われているように、日本の経済が回復傾向になったのはつい最近のこと。それでもまだ、市井の人々が実感するほどではありません。

国の政策や景気にばかり矛先を向けるわけにはいきませんが、それでも、未来に希望がないと感じてしまえば、絶望による自殺者が減ることはないのです。

広がる格差

広がる格差社会そのものを止めることは、簡単ではありません。
そもそも民主主義をベースにした資本主義社会においては、真面目に働いたものが直接的に恵まれるとは限らないのです。場合によっては、時勢や運に左右されて路頭に迷ってしまうこともあるかもしれません。

つまり、格差は人為的な部分だけでなく、ごく自然に生じてるということも忘れてはならないのです。ただし、失敗しても福祉サービスや周囲のサポートによって再チャレンジできる土壌があれば、努力量による格差は減っていくかもしれません。

自殺を根絶するためにできること

人生の失敗が直接的に自殺へとつながってしまわないために。私たちには、どのようなことができるでしょうか。

1.人生への意義

人生の目的がなくなってしまえば、生きる理由を失ってしまうこともあるかもしれません。
目的はどのようなものでも構いません。叶えたい夢や実現したい目標など、どんなささいな事でも、あるのとないのとでは大違いなのです。そうした人生の意義について気づかせてあげることが、身近な人間の務めではないでしょうか。

2.周囲の支え

もちろん、そうした目的をバックアップしてあげる周囲の支えも大切です。ときに励まし合い、ときに慰め合う。辛いことや苦しいこともある人生だからこそ、相互に理解することで乗り越えられることもあるのです。周囲との良好な人間関係は、人生を実りあるものにするのですね。

3.プラスの感情

たとえば言葉で諭してあげることができなくても、仕草や行動、あるいは表情によってプラスの感情を示すことは可能です。かけてあげる言葉が見つからなければ、自分の背中を見てもらう。頑張っている姿を目に焼き付けてもらう。そうすることで、気づきを与えられるかもしれません。

ともに戦う仲間がいる

ひとりでは、自分を支えきれないことがあるかもしれません。未来に希望がなく、能力の限界を感じてしまえば、悲観的になるのも無理のないことでしょう。
ただ、周囲を見渡してみてください。きっと仲間がいるはずです。

もし、同じ志をもった仲間が見つからないという場合には、ぜひ『スピードコーチング』のセミナーに参加してみてください。心の底から分かち合える素晴らしい仲間との出会いが、あなたを待っていることでしょう。

スピードコーチング講座Q&A

Q.プロコーチとして活動できますか?

コーチングのスキルを習得し、同時にクライアントを募集する事で、直ぐにプロコーチとして活動されている受講生もいます。

音楽学校を卒業したら、プロミュージシャンとして活動できるかという質問に似ています。卒業と同時にプロ活動ができる人は少ないでしょうが、プロを目標としてクライアントを増やしていけば、プロとしての活動は問題ないでしょう。

しかし卒業後も、習った手法を練習したり、応用で使ってゆけるように、再受講システムや、Skypeコーチング、Skypeでのライブコーチング、メーリングリスト、練習会、復習会などの数多くサポートシステムがありそのサポートも常に進化し続けています。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP