コミュニケーションスキルは永久に役立つ“資格”!? | スピードコーチングコラム

コミュニケーションスキルは永久に役立つ“資格”!?

もっと活躍するために

どんな資格を取得するべきか。あるいは、どんな資格を持っていればビジネスパーソンとして活躍することができるのか。そういった議論はつねに行われています。

巷にあふれている「就職対策法」から「出世する方法」など、ノウハウ系に関する媒体において、そういった記事を見かけたことがある方も多いことでしょう。
ただし、そこに正解はありません。

どんな資格を取得しても、どんな資格を持っていても、それを活用する人が明確な目的をもっていなければ意味が無いのです。もっと活躍する人材へと成長するために、資格を取得しようと考えている方は、その点を肝に銘じておきましょう。

「コミュニケーションスキル」という名の資格

もし、永久に活用できる資格を取得したいと考えているのなら、「コミュニケーションスキル」の向上を図ってみてはいかがでしょうか。
コミュニケーションはビジネスの現場においてはもちろん、人間関係の基本となる重要な要素です。生きていく上で、欠かせないスキルと言ってもいいでしょう。

ただ闇雲に資格を取得するぐらいなら、はるかに役に立つことは明白です。見栄えのよい肩書は、メッキと同じくいつかは剥がれてしまうもの。そうではなく、本当に使える能力としてのコミュニケーションスキルを身につけましょう。

コミュニケーションスキルの3要素

コミュニケーションスキルの3要素は次のとおりです。

1.聴く力

コミュニケーション能力の中でも、とくに身につけるのが難しいとされているのが「聴く力」です。誰しもついつい自分の話をしてしまいがちですが、その気持をぐっとこらえて相手の話に耳を傾けること。その努力なしに、コミュニケーションスキルは上達しません。

2.伝える力

また、自分が持っている情報を相手に的確に「伝える力」も重要です。少ない時間で伝えられることに多くの時間を費やしてしまうことは、自分にとっても相手にとってもマイナスです。もちろん、理解してもらうための工夫も必要ですね。

3.質問する力

そして、聴く力と伝える力の架け橋となるのが「質問する力」です。聴く姿勢を保ちながら、的確な質問によって相手の意向を引き出し、こちらが提供できるものを伝えること。そうすることで、双方が満足する関係性を築くことができます。

チームでの協調も

コミュニケーションスキルを高めれば、チームや組織単位で大きな成果をあげることも可能です。個人の能力を組み合わせて相乗効果を生み出すために、相互の良質なコミュニケーションが大いに役立つことでしょう。

もちろん、新しい仲間との信頼関係を構築する際にも活躍します。『スピードコーチング』に所属する意識の高い優秀な人々との出会いは、あなたの人生においてかけがいのないものとなることでしょう。

スピードコーチング講座Q&A

Q.コーチングが出来るようになるのですか?

コーチングは出来るようになります。感情を構成する6つのニーズの秘密、思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける誰でも使える驚異的な技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人に合ったモチベーションが維持され最も効果的で明確で楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングのステップなどのコンテンツが含まれておりますので、コーチングに必要な十分なスキルを学ぶことが出来ます。

感情を構成する6つのニーズの対立原理、感情と思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける驚異的な深層心理操作技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人メンタル向けに最適化された、効果的に楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングの7ステップなど、クライアントの深層の思いをを理解し、望む結果を手に入れる原因を作り出す スキルなどのコンテンツが含まれておりますので、一般的なコーチングに必要な十分以上のスキルを学ぶことが出来ます。

音楽学校を卒業したら、音楽ができるか?といえば、「あるレベルには達する。」と言えても達人や名人級になれるとは言えません。

しかし、参加された人の95%以上が自分の人生が激変し、未来がとても明るく感じ 対人関係が改善され毎日の充実感か圧倒的に変わるような体験をされています。これが講座中に行う多くの相互コーチングによる結果だとすれば、かなり効果のある コーチングがなされていると考えられると思います。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP