ダブルバインドとは? | スピードコーチングコラム

ダブルバインドとは?

相手に断らせない

交渉事や誰かを誘う際に大切なのは「相手に断らせないこと」です。誰でも断られるのは嫌ですよね。目的が達成されないばかりでなく、気分的にも落ち込んでしまいます。

そうならないためにも、ぜひ相手に断らせないテクニックを身につけましょう。

「イエス・ノー」ではなく2択で

相手に断らせないテクニックとしてもっともポピュラーなのが「二者択一の質問」です。いわゆる「ダブルバインド」と呼ばれるものですね。

これは、「◯◯は好きですか?」のようにイエス・ノーで答えられる質問ではなく、「◯◯と××ならどちらが好きですか?」というように、選択肢を設けて問いかけるテクニックです。

交渉の場面では「AプランとBプランならどちらがより好ましいですか?」と問い掛けたり、また異性を誘う際には「和食と洋食どちらが好き?」と聞いたりすることで、前向きな答えを引き出すことが可能になります。

ダブルバインドを応用したテクニック

ダブルバインドはそのまま使っても良いのですが、他のテクニックとあわせて使うとより効果的です。ここではダブルバインドを応用したテクニックを学びましょう。

間とタイミング

せっかく二者択一で質問をしても、その後の聞き方が悪ければ、最終的には断られてしまいます。大切なのは相手に断るタイミングを与えないこと。

そのためには、変な間をあけずに、断る要素をどんどん排除しながらトークを進めていきましょう。間とタイミングを活用すれば、どんな劣勢も巻き返すことが可能になります。

肯定的な言葉

また、肯定的な言葉を選んで使用することも大切です。肯定的な言葉とは、前向きな返答がもらえることを前提にした質問のことですね。

たとえば「今度遊びに行きませんか?」よりも「今度遊びに行きましょう!」としたり、「ご都合のよろしい日はありますか?」でではなく「◯月◯日の10時ごろでいかがでしょう?」としたりするのです。

ついつい否定的な言葉を使ってしまう方は、意識して肯定的な言葉を使うようにしましょう。

仮定の話

最初から断られる可能性が高い要件に対しては、「もし~だとしたら……」のような仮定の話を活用すると効果的です。相手にとってハードルの高い内容であっても、仮定の話であれば、後から断ることが可能だと認識するためオーケーしやすくなります。

つまり、心のガードを下げやすくなるのですね。相手に逃げ道を残しておきつつ、先回りするテクニックです。

会話をリードしよう

会話をリードすれば目的が達成しやすくなります。もっとも、相手にとってメリットのない話や、損することが確実な場合など、そもそもの条件が悪いと効力を発揮しません。

出来る限り双方のWin-Winを模索して、友好的な関係を構築しましょう。

 

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP