ダブルバインドとは? | スピードコーチングコラム

ダブルバインドとは?

相手に断らせない

交渉事や誰かを誘う際に大切なのは「相手に断らせないこと」です。誰でも断られるのは嫌ですよね。目的が達成されないばかりでなく、気分的にも落ち込んでしまいます。

そうならないためにも、ぜひ相手に断らせないテクニックを身につけましょう。

「イエス・ノー」ではなく2択で

相手に断らせないテクニックとしてもっともポピュラーなのが「二者択一の質問」です。いわゆる「ダブルバインド」と呼ばれるものですね。

これは、「◯◯は好きですか?」のようにイエス・ノーで答えられる質問ではなく、「◯◯と××ならどちらが好きですか?」というように、選択肢を設けて問いかけるテクニックです。

交渉の場面では「AプランとBプランならどちらがより好ましいですか?」と問い掛けたり、また異性を誘う際には「和食と洋食どちらが好き?」と聞いたりすることで、前向きな答えを引き出すことが可能になります。

ダブルバインドを応用したテクニック

ダブルバインドはそのまま使っても良いのですが、他のテクニックとあわせて使うとより効果的です。ここではダブルバインドを応用したテクニックを学びましょう。

間とタイミング

せっかく二者択一で質問をしても、その後の聞き方が悪ければ、最終的には断られてしまいます。大切なのは相手に断るタイミングを与えないこと。

そのためには、変な間をあけずに、断る要素をどんどん排除しながらトークを進めていきましょう。間とタイミングを活用すれば、どんな劣勢も巻き返すことが可能になります。

肯定的な言葉

また、肯定的な言葉を選んで使用することも大切です。肯定的な言葉とは、前向きな返答がもらえることを前提にした質問のことですね。

たとえば「今度遊びに行きませんか?」よりも「今度遊びに行きましょう!」としたり、「ご都合のよろしい日はありますか?」でではなく「◯月◯日の10時ごろでいかがでしょう?」としたりするのです。

ついつい否定的な言葉を使ってしまう方は、意識して肯定的な言葉を使うようにしましょう。

仮定の話

最初から断られる可能性が高い要件に対しては、「もし~だとしたら……」のような仮定の話を活用すると効果的です。相手にとってハードルの高い内容であっても、仮定の話であれば、後から断ることが可能だと認識するためオーケーしやすくなります。

つまり、心のガードを下げやすくなるのですね。相手に逃げ道を残しておきつつ、先回りするテクニックです。

会話をリードしよう

会話をリードすれば目的が達成しやすくなります。もっとも、相手にとってメリットのない話や、損することが確実な場合など、そもそもの条件が悪いと効力を発揮しません。

出来る限り双方のWin-Winを模索して、友好的な関係を構築しましょう。

 

スピードコーチング講座Q&A

Q.コーチングが出来るようになるのですか?

コーチングは出来るようになります。感情を構成する6つのニーズの秘密、思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける誰でも使える驚異的な技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人に合ったモチベーションが維持され最も効果的で明確で楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングのステップなどのコンテンツが含まれておりますので、コーチングに必要な十分なスキルを学ぶことが出来ます。

感情を構成する6つのニーズの対立原理、感情と思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける驚異的な深層心理操作技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人メンタル向けに最適化された、効果的に楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングの7ステップなど、クライアントの深層の思いをを理解し、望む結果を手に入れる原因を作り出す スキルなどのコンテンツが含まれておりますので、一般的なコーチングに必要な十分以上のスキルを学ぶことが出来ます。

音楽学校を卒業したら、音楽ができるか?といえば、「あるレベルには達する。」と言えても達人や名人級になれるとは言えません。

しかし、参加された人の95%以上が自分の人生が激変し、未来がとても明るく感じ 対人関係が改善され毎日の充実感か圧倒的に変わるような体験をされています。これが講座中に行う多くの相互コーチングによる結果だとすれば、かなり効果のある コーチングがなされていると考えられると思います。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP