Q. 職場環境が悪く、出社が苦痛です。転職すべきでしょうか? | スピードコーチングコラム

Q. 職場環境が悪く、出社が苦痛です。転職すべきでしょうか?

【質問】
30代独身女性です。事務職をしています。後輩の女性が陰で私の事を色々と悪口を言っているようです。仕事で注意することもあるので、それがイヤに感じているようです。

自分は悪くないですし、極力気にしないようにしているのですが・・・。
後輩の女性の影響なのか、職場のみんなも同じように私についていろいろ言っているような感じです。仕事は嫌いではないのですが、こんな環境では気分が滅入ります。

転職するべきでしょうか。

なにげない事がきっかけになりがち

相手のためを思ってやったのに、その相手は気に入らないと感じて、人間関係がこじれてしまうこと、よくありますよね。

しかも、女性同士は特に仲間意識が強いので、影響力の強い人が「こうだ!」と考えている時は、周りの人も仲間から外れたくない気持ちから、同じような振る舞いになる傾向があります。

会社では、ちょっとしたコミュニケーションの問題がきっかけで人間関係が崩れてしまうことがあるので、注意しましょう。特に、先輩や上司といった目上の人間が指示するときには気をつけたいものです。

ポイントは、相手の立場に立って、どんなふうに感じているかを考えた上で対応することです。

注意だけでは反発されてしまう

その人のタイプにもよりますが、注意するときに頭ごなしに注意したり、注意だけを伝えると、反発を覚えてしまうことは多いようです。

注意するときは、頭ごなしに悪いことを伝えるのではなく、まずは「あなたを認めている」ということを伝える必要があります。

ですから「あなたのことだから充分に考えた結果だと思うけど」などの言葉を付け加えるだけで、相手の受け止め方がガラッと変わってきます。

また助言する場合は、「ほめる」→「具体的な改善案」→「ほめる」といった順番で行うと相手にとって一方的に注意されたと言う感じを受けずに、素直の聞き入れやすいものとなります。

コミュニケーションを取れる環境を

ただし、ほめる際には、相手のタイプを見極めることが大切です。
人によって効果的なほめ方があり、場合によってはほめたのに、悪いようにとってしまうことがあるので要注意です。

日ごろから、どんなほめ方をすれば喜ぶのか、見極めておくとよいでしょう。

なにより、誤解が誤解のまま蔓延してしまうのは、コミュニケーションがしっかりとれていないことが原因の可能性があります。何気ない会話を交わすだけで、親近感が湧き不満が緩和されることもあります。

コミュニケーションをとれる環境を築くことが、問題解決の近道かもしれません。

どこに行っても人間関係は必要なので、転職する前に、現在の自分の対応を見直してみてはいかがでしょうか。

なお、人のタイプの分類については、スピードコーチングの「MOVEコーチングセミナー」でもお伝えしているので、興味がある場合は受講してみてくださいね。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP