Q. 友人関係に悩みを抱えています。 | スピードコーチングコラム

Q. 友人関係に悩みを抱えています。

【質問】
20歳の女子大生です。
昔からですが、仲の良い友人同士の意見が分かれた時に、どういう感じで振る舞えばいいかいつも悩みます。例えば友人3人でいるときに、他の2人の意見が分かれたら、軽くパニックになってしまいます。早く仲直りして欲しいと思っても、思う通りに事が進みません。

どういった感じで付き合えばよいでしょうか。

お互いの意見を分かり合うためには?

友達同士で意見がぶつかってしまうのは一緒にいて苦しいことですね。できることなら仲直りして今まで通りに早く戻って欲しいところ。
そしてその状況を変えてあげてお互いに理解し合うことができれば最高ですよね。

でも現在相手の事に不満がある状態では、分かり合うのはなかなか難しいでしょう。

2人が仲直りできないのはお互いの本当の気持ちがしっかり相手に伝わっていないのが原因ではないでしょうか。

気持ちをつなぐ架け橋になってみて

意見が分かれてしまうということは、お互いが自分の言いたいことばかり言っていて、相手の話を聞けていない、聞ける精神状態ではない可能性があります。

早く仲直りするにはどうすればよいのでしょうか。
そのままでは当事者同士の話し合いをしたとしても、同じように誤解したままで話が前に進まないでしょう。

そこで、あなたの役割が重要なポイントとなります。

2人それぞれの意見を聞けるように中に入ってあげましょう。

例えば、どちらかが意見を言った時、「それってどうして?」とか「本当はどうしたいと思っているの?」と、冷静な意見を聞けるよう、促してみましょう。
このときは、あなた自身が、公正で冷静な立場になることが大切です。

そうすると、感情まかせでない真意が伝わるようになりますし、案外「あれ、同じ考えだったのかな・・・?」なんてことにもなるかもしれません。

そうすると、自然ともう少し冷静になってもう少し相手の意見もしっかり聞いてみようと意識にもつながってくるのです。

怒っている間はなかなか冷静に相手の気持ちを聞きいれる気持ちにはなれません。ですから、きっかけをあなたが作ることが必要となってきます。

誤解が解ければいっきに解決方向に

お互いが相手の話を聞いてみようと言う気持ちになってくれたら、解決まではもう少しですよ。

人間ですから、意見が違うことはあります。それは誰しもが本当はわかっていることです。
でも、やりとりをしていく中で感情がコントロールできなくなって、お互いにわだかまりが生まれてしまうことがあります。

冷静に話を聞く役に徹することで、そうした感情をコントロールし、お互いが譲りあって心を開けるようにしてみましょう。

双方から「どっちの味方なの?」と聞かれることがあるかもしれません。ですが、あくまで冷静な立場で頑張ってくださいね。
きっと、あなたの本心が2人に伝わるでしょう。

スピードコーチング講座Q&A

Q.コーチングが出来るようになるのですか?

コーチングは出来るようになります。感情を構成する6つのニーズの秘密、思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける誰でも使える驚異的な技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人に合ったモチベーションが維持され最も効果的で明確で楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングのステップなどのコンテンツが含まれておりますので、コーチングに必要な十分なスキルを学ぶことが出来ます。

感情を構成する6つのニーズの対立原理、感情と思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける驚異的な深層心理操作技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人メンタル向けに最適化された、効果的に楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングの7ステップなど、クライアントの深層の思いをを理解し、望む結果を手に入れる原因を作り出す スキルなどのコンテンツが含まれておりますので、一般的なコーチングに必要な十分以上のスキルを学ぶことが出来ます。

音楽学校を卒業したら、音楽ができるか?といえば、「あるレベルには達する。」と言えても達人や名人級になれるとは言えません。

しかし、参加された人の95%以上が自分の人生が激変し、未来がとても明るく感じ 対人関係が改善され毎日の充実感か圧倒的に変わるような体験をされています。これが講座中に行う多くの相互コーチングによる結果だとすれば、かなり効果のある コーチングがなされていると考えられると思います。

一瞬で夢がかなう!書籍 人生のシナリオを書き換える方法

おすすめ記事一覧

PAGE TOP