Q. 子育てが辛いです。子供が言うことを聞かず、夫も協力してくれません。 | スピードコーチングコラム

Q. 子育てが辛いです。子供が言うことを聞かず、夫も協力してくれません。

【質問】
35歳の主婦です。5歳と2歳の子供がいます。

どちらも反抗期で何回注意しても言うことを聞かず、何かあるたびについ声を荒げてしまいます。怒鳴ったあとはいつも自己嫌悪になるのですが、どうしてもイライラしていまします。
夫は、子育ては母親の仕事だという考えでまったく協力してくれません。

子供は可愛いのですが、時々憎らしくなってしまい、子育てが辛くなります。

イライラする原因は?

イライラしたり、怒ったりする理由としては相手の行動によるものがあります。

小さい子供なので、ちょっとしたことでもうまく表現できず、わがままに見える行動をとってしまうことはありがちです。また、ちょうど2歳から3歳の時期の第一次反抗期の時の特徴として、何に対しても「いやいや」といってしまう時期的なものがあります。

また、親以外の人と接することが多くなる5歳位の子供などは、そうした他人との関係の中で、色々今までとは違った考え方などを学びます。

それによって、少し前なら親の言うことを素直に聞いていたことでも「どうして?」などと言ったりして素直に言うことを聞いてくれないことが多く見られるようになってきます。

こういった行動に対して繰り返し注意しても分かってもらえないという気持ちからストレスと感じてしまいます。しかし、イライラの原因は、実は相手の行動だけにあるわけではありません。

実は、「自分自身に対する苛立ち」が本当の原因のことが多いのです。

自分のルールがイライラの原因

イライラしたり怒ったりする理由としてもうひとつ、「自分がどういった時に怒るか」という自分なりのルールに関係するものがあります。

「脱いだ靴下は片付けなければならない」
「母親は優しくなければならない」

など、自分なりのルールが厳しければ厳しいだけ、その通りに物事が進まなかった時に怒ったりイライラしたりするものです。

自分のルールを下げてみる

イライラする理由は相手の行動と自分のルールに関係している事が多いのです。

せっかく大好きなお母さんなのに、イライラして眉間にしわをよせて怒鳴ったりしてしまうと更に反発していまいますし、言われた事を素直に受け入れづらくなります。

同じことでもリラックスして「しっかり相手に説明して伝える」と言う気持ちで話してみると、相手が子供でもしっかりと意思は伝わります。

また、自分自身がイライラしない為に「まあ、このくらいのことはいいかな」と自分のルールを時には緩めて楽な気持ちで接してみてはいかがでしょうか。

子供さんとも付き合い方も変わってきて、今まで気がつかなかった事が再発見されたりして、子供さんと一緒に過ごす時間で楽しい事が見つけられると思いますよ。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP