Q. 合コンの必勝テクニックはありませんか? | スピードコーチングコラム

Q. 合コンの必勝テクニックはありませんか?

【質問】
こんにちは26歳の男性です。大学を卒業して以来彼女がいません。
友達が心配して時々合コンに誘ってくれるのですが、連戦連敗です。その場では楽しく飲んで、それなりに女の子ともは話していると思うのですが、なかなか二人きりで会うところまで進みません。必勝テクニックみたいなものはないでしょうか?

初めて会う人と自然に距離を縮める方法

合コンに限らず、初めて人と出会って盛り上がって楽しく話ができたと思ったのに、その場限りの人間関係になってしまい、2度と会うことはない・・・なんてことありますよね。
その理由としては、初対面で会った人との間は、表面上は仲良くなった感じがあっても、実は心の距離感は縮まったわけではないからです。
だから、一歩踏み込んだ関係に発展しないわけです。

人と仲良くなることとは

では、他人と本当の意味で「仲良く」なるにはどうすればよいでしょうか。
人が仲良くなる上で大切なことのひとつが、お互いに相手のことをよく知りたいという気持ちが湧いてくるかどうかということ。相手のことをもっとよく知りたいと思うためには、「ラポールを築く」ことがまず第一歩となります。

「ラポール」とはコミュニケーションのスキルのひとつ。
お互いが信頼し合い、安心できる間柄という意味で、コーチングを行ううえでも重要なスキルです。

ラポールができて心の距離が縮まると、「もっと話してみたい。」「もっと知りたい。」という気持ちがめばえ、相手ともっと親しくなりたいということに繋がります。

“相手との共通点”を見つけよう

では、「ラポール」を築くためにはどうすればよいでしょうか。ラポールを築く方法はいくつかありますが手軽にできるのが、“相手との共通点”を作るということ。
小さなことでも構いません。二人の共通点を探してみましょう。

例えば、「出身地」や「普段使っている路線」といった地理的なことでもいいですし、「好きなお酒」や「好きな有名人」「好きな音楽」など、趣味的なこともいいでしょう。

同じように会話をするのでも、「自分と同じ」部分を感じられることで、他人事でなくなるのです。これがきっかけとなって「あなたも、そうなの?じゃあこれは?」といった感じで自然にどんどん話題が広がり、積極的に知りたい気持ちが強くなりぐっと親近感が湧いてきます。

相手に頑張りすぎる雰囲気が伝わらない程度にリラックスして、相手の考え方に同調して時々相槌をしたりしながら、相手の話をしっかり聞くこと事がポイントですよ。
次の出会いでは、まず“相手との共通点を作る”ことを意識してみてくださいね。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP