結婚式までの憂鬱を乗り越える3つのポイント | スピードコーチングコラム

結婚式までの憂鬱を乗り越える3つのポイント

結婚式を目前に控えて、まわりからは「今が一番幸せな時だね!」なんて声をかけられることがよくありますが、本心から「そうなんです~!」と笑顔で応えられるカップルはどの程度いることでしょうか。

結婚式というのはいろいろな準備や連絡が必要で、パートナーの初めての姿を目にすることも多いのではないでしょうか。

「親の前ではこんな話し方やこんな顔もするんだ」
「ええ、こんなに決断力がなかったの!?」
というように。

そんな恋愛中とのギャップを感じるのは、なにも女性だけではありません。
男性も彼女の姿を見て、本当にこの結婚大丈夫かな…とマリッジブルーに陥ることがあるというのです。お互いに憂鬱な気分を漂わせたまま結婚式や結婚後の準備をしようとしても、なかなかはかどりませんし喧嘩もたくさんしてしまうかもしれません。

そんな状況を乗り越えて、幸せな気持ちで結婚式当日を迎えるためには、どうしたらよいでしょうか?

1.よく観察してみる

そんな時はお互いによく観察してみましょう。

いつものパートナーと何が違うのか?何に悩んでいるのか?何を困っているのか?そして自分が結婚したいと思った相手にそれはあってはいけないことなのか?

どうでしょう。あなたが今感じている不安は、「この結婚大丈夫か?」というほどのものでしょうか。相手のことをよく見て、相手のことをよく考えてあげれば、実はそんなに大したことではないと思えてくるのではないでしょうか。

2.温度差があることを知る

また、結婚式のプランの希望が合わなくて喧嘩になることもよくあります。

とくに女性は結婚式に対して夢を持っている場合が多く、あれもやりたい、これもやりたい、あの子の結婚式ではこんなことがね…と意見をたくさん言いがちです。

それに対して、男性はそれほど結婚式に夢は持っていないことが多いですし、彼女が喜ぶならと付き合う程度の気分でいます。

その温度差にどちらもが気づいていないと、この演出やりたい!という彼女に対して、えー、そんなの嫌だ!となってしまって、お互いの気分を一気に落としてしまうことにもつながります。

温度差に気が付くためには、お互いが結婚式をどのような位置づけで考えているのかを知ることが必要です。

3.話し合いはアサーティブネスに行う

結婚式のプランを話し合うときには、アサーティブネスを意識して行いましょう。
自分の意見のおしつけではなく、しかし、自分が犠牲になるでもなく、相手をコントロールするような発言もさけます。

その上で、自分の意見、気持ちをはっきり言いましょう。

『当日は自分の知らない君の招待客もいるし、そんな緊張するところで、その演出は僕には恥ずかし過ぎてできそうにない。』

そういいかえるだけで、衝突も話し合いになりますね。

結婚式が終われば二人の新しい生活がやってきます。式までの憂鬱な時間の乗り越え方次第で、新しい生活の流れも変わってくるかもしれませんよ。

スピードコーチング講座Q&A

Q.MOVEコーチングの参加者はどのような方が多いですか?

30代~40代のビジネスパーソン(会社員、経営者、個人事業主)の方を中心に、10代学生~70代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。男女比は同じくらいです。
自分の人生に役立てたい、家族との関係をよくしたい、今の仕事に活かしたい、コーチとして活動していきたい、など受講目的はさまざまですが、受講後の感想で「互いの夢を応援しあい、成長を助け合える仲間ができた」とおっしゃる方が多いです。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP