恋愛に必要な勇気は、隠すことではなくみせること | スピードコーチングコラム

恋愛に必要な勇気は、隠すことではなくみせること

なかなかいい恋愛ができない、そう悩んでいる人にありがちな点のひとつに、「相手に嫌われたくない」「いいところを見せたい」という思いが強いことがあげられます。

恋は盲目とは言いますが、相手に嫌われたくないという一心で、普段ではできないようなことをしてみたり、相手に合わせて我慢ばかりをしていると、いつか無理が重なって耐えられなくなってきます。いいところを見せたいからと、背伸びをしてばかりいると、そのうち自分が苦しくなるときが来るでしょう。

また、周りからのあなたの印象が相手の耳に入った時に、そのギャップにひかれてしまうこともあるかもしれません。周りの人がよく言ってくれればいいですが、そうでない場合、これは最悪なパターンです。

自分には見せていない面がある=隠していると感じさせてしまうのは、相手にマイナスな印象を与えます。

自分を隠し通すのは難しい

いい恋愛とは、お互いに我慢をせず、相手に負担をかけないようお互いを尊重していくことではないでしょうか。好きな相手だからと自分だけが我慢を重ねていくのは、いい恋愛だとは言えませんよね。

嫌われたくない気持ちはわかります。相手を失いたくない気持ちも誰でもありますよね。

自分をずっと抑えていくことは難しいですから、時間を重ねて我慢の限界が来たときにそれが相手に分かってしまうよりも、最初から、できないことはできないという勇気を持ってみてはいかがでしょうか。

マイナスな面を見せるのは勇気がいる

でも、そんな面を出したら嫌われてしまうかも、そう感じますよね。

でも、どうでしょう。恋愛に限らず、仕事でも家庭でも、相手に自分を高く見積もられていると、辛いことがないですか?できて当たり前、と思われていると、ちょっとした失敗もできないと緊張して過ごすことになってしまいます。

相手に少し低めに見積もってもらっていれば、そんな緊張をしっぱなしの恋愛をしなくてもよくなります。そのためには、自分の「いやだ」「できない」というマイナスなイメージも、伝えていく必要があります。

嫌われないように伝える方法がある

相手に自分の意見を伝えるときには、アサーティブネスな発言を心がけましょう。これは、誠実な立場で、自分の言いたいことを分かりやすく伝えるということです。

相手が望んでいることに自分が応えられないとしても、望む相手が悪い、と相手の意見を変えようとしたり、今までのように自分の本当のきもちを隠して相手の意見を通してあげたりする必要はありません。自分と相手は違う人間なのだから、意見が違っても当たり前なのだというスタンスで、自分の気持ちを怖がらずに伝えてみましょう。

ありのままの自分を出して、嫌われてしまうこともあるかもしれません。
でも、そこまで価値観がずれている人と無理してお付き合いする必要があるでしょうか?

あなたがあなたのままでいい、と認めてくれる相手とのほうが、きっといい恋愛ができることでしょう。

お互いを尊重しながら、でも、隠すことをしないで過ごしていける・・・そんな相手と巡り合えたらいいですね。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP