結婚と夢、どちらをとっても後悔しないための考え方 | スピードコーチングコラム

結婚と夢、どちらをとっても後悔しないための考え方

結婚は人生の一大イベントともいえる出来事でしょう。

家庭を持って、子供のいる生活にあこがれる女性も多いでしょうし、疲れて帰宅した家に誰かいて迎えてくれる生活にあこがれる男性も多いのではないでしょうか。

しかし、「結婚は人生のゴールではない」といわれることもあるように、結婚することが人生の目標でもすべてでもないはずです。

夢の実現と家庭の両立

男女問わず、社会での自分の立場を夢、目標としている人も多いでしょう。
起業したい、海外で働きたい、やりたいことがある…

そんな時、結婚生活は夢の実現の足かせになってしまうこともあるのです。
家族と一緒に過ごせる時間が少なくなる、疲れて帰ってからも子供の面倒を見なくてはいけない…

それら家庭にかかわることが、すぐそこまで来ている夢の実現への一歩を踏み出すのをためらってしまう原因になりかねないのです。

正解はあるのか

では、結婚と夢のどちらを取るのが、その人の人生の正解と言えるのでしょうか?

その答えは、どちらも正解、としか答えようがないのではないでしょうか。

家庭を持つことをあきらめて夢を実現させる
夢を実現させることをあきらめて家庭を選ぶ
両立させるという考え方もあるでしょう。

結果的にはどれを選んでも「どちらかをあきらめた」状態になるのです。
両立する場合には、どちらかを妥協しなくてはやっていけないこともあるでしょう。

後悔しないコツ

後悔しないためには、どちらかがうまくいかないときに、どちらかのせいにしないことが最も重要です。

あのときこちらを優先しなければよかった…

そう思う選択をしないことが一番重要になります。

後悔しないためには考え方を矯正していく必要があります。

選んだほうの物事で失敗をしても、それを選択のせいにしないこと。
片方をあきらめても、今が幸せと感じられる毎日を過ごすこと。

そう考えるためには、自分の日々の生活をしっかりアセスメントして、現状と将来とのギャップ、そして達成のためにするべきことと辞めるべきことを明確にすることです。

自分でアクノリッジメントすること

人生は選択の連続です。
いつも選択肢の中から選んだ一つの道しか歩くことはできません。
しかし、それは自分が選んだ道ですから、自分で自分に責任を取れば、後悔することもないのです。

夢の実現を選んだあなたは、夢が実現しなくてもそこへ近づく努力を怠らないことです。
結婚を選んだあなたは、家庭の中で自分にできること、やるべきことをしっかり把握して、毎日頑張っている自分を、アクノリッジメント、承認してあげることです。

どちらの選択をしてもそれはあなたの人生です。
自分で選んだ自分の道を、自分でアクノリッジメントしないことには、後悔ばかりの人生になってしまいますよ。

スピードコーチング講座Q&A

Q.MOVEコーチングの参加者はどのような方が多いですか?

30代~40代のビジネスパーソン(会社員、経営者、個人事業主)の方を中心に、10代学生~70代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。男女比は同じくらいです。
自分の人生に役立てたい、家族との関係をよくしたい、今の仕事に活かしたい、コーチとして活動していきたい、など受講目的はさまざまですが、受講後の感想で「互いの夢を応援しあい、成長を助け合える仲間ができた」とおっしゃる方が多いです。

一瞬で夢がかなう!書籍 人生のシナリオを書き換える方法

おすすめ記事一覧

PAGE TOP