仕事がデキる人になるための行動…目標設定とアセスメント | スピードコーチングコラム

仕事がデキる人になるための行動…目標設定とアセスメント

職場での仕事、家事などその種類に関わらず「仕事ができる人」、あなたの周りにもいますよね。
なかなか仕事がうまく行かない人とは、何が違うのでしょうか?

行動する前にしていることがある

仕事に取り組む時、まず何を考えるでしょうか?
漠然と、与えられた仕事を始めてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、できる人の場合は少し違うようです。
まずは達成すべき目標を確認します。
そして、その目標を達成するためには何が必要になるのか、アセスメントしてみるのです。

アセスメントでロスを少なく

アセスメントとは、現状と目標とのギャップを知ることです。
目標達成のために必要なことが何か?何が足りないのか?を知ることです。

いきなり行動に移すことによって起こりうる時間のロス、失敗を無くすために、アセスメントは有効なのです。
これによって、完了した仕事にダメ出しを受けることが少なくなり、結果として、あの人はデキると周りの人に思われることになります。

達成できる目標を立てるコツ

仕事のうえでは、多くの目標を達成していくと、自分に自信もつき、できる人に見えるようです。
そのためには、まず目標の種類を知ることが必要です。

例えば、「今月の営業売り上げを100万アップする」という目標を持ったとします。
しかし、不景気や同業他社でのトラブルなどから売上が落ち、達成できないことはままあることです。

そのような、自分だけの努力ではなんともならない要因を含んだ目標は「結果目標」といわれます。自分ではどうすることもできない外的要因だったのに、目標を達成できないというマイナス印象だけが残ってしまいます。
これは、周りにも自分にも、できないという印象を与えてしまいますね。

ですから、目標を立てるときには、このような目標は避けるようにしましょう。

お勧めの目標の立て方

達成しやすい目標としてお勧めな、行動目標というものがあります。
これは、自分の行動に対する目標ということです。自分の行動ですから、自分でコントロールすることができます。

先の例でいくと、営業売り上げを、100万アップするために、一日に50件電話をかける、というようなことになるでしょうか。

商談に行く、にしてしまうと、これはまた相手の都合で時間が合わなければ達成ができなくなりますから、自分でコントロールできる内容にすることで、目標の達成が自分の努力だけで完結することになりますので、じぶんでも達成できた!と感じることができる目標になります。

目標を立てるときにも、その目標をアセスメントしてみることで、行動目標がなにになるかを知ることができます。
仕事の上では、目標設定とアセスメントが他との差を生み出すコツになります。

ただし、仕事は結果が伴わなければ評価されないのもまた事実。
行動目標を達成するごとに、より結果に結びつく目標にランクアップさせていくとよいでしょう。

 

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

一瞬で夢がかなう!書籍 人生のシナリオを書き換える方法

おすすめ記事一覧

PAGE TOP