モテる話術を身に着ける、3つのコツ | スピードコーチングコラム

モテる話術を身に着ける、3つのコツ

モテる人は、だいたいの人が話していて楽しいと思われている人ではないでしょうか?
話していてつまらない人とは、また会いたいとはなかなか思わないですし、モテるためにはそれなりの話術が必要なのではないでしょうか。

では、モテるための話術とは一体どんなものなのでしょうか?
コーチングの視点からそのコツを見てみましょう。

緊張をうまくほぐすこと

初対面だったり、あまり親しくない仲で話をするときは、少なからず緊張するものですよね。その時に、いかに相手の緊張を取り除いてあげることができるかが最初のポイントになってきます。

まずはアイスブレイクでその場の緊張をほぐします。
今日の天気や、その場の匂い、その場の明るさや目の前にあるもの、人など、相手と自分が共通して感じているものがあることを伝えることで、相手の中の垣根を崩すことができます。

このお店のインテリア、素敵ですね~

その一言で、自分と相手を同じ空間にいるということを再認識させることにつながって、相手の気持ちがほぐれることにもつながります。

聞き上手になること

これはよく言われることですが、話していて楽しいと思う相手というのは、聞き上手な人であることが多いです。
話したいことを話せる相手というのは、話していて気分がいいものです。

聞き上手になるコツは、相手が話しやすい雰囲気を作ってあげるということです。
コーチングの傾聴のスキルを使うと、相手がつい話したくなる雰囲気を簡単に作り出すことができます。

相手の話に相槌を打つ、それによって、相手は聞いてもらえているということを確認することができるので、次の言葉をつなげやすくなります。

バックトラッキングと呼ばれる、オウムがえしのスキルも、相手がつい話したくなってしまう聞き方になります。

この間、サイテーな出来事があってね

サイテーな出来事があったんだ

ただ、うん、と相槌を打つよりも、そういわれた方が、聞いてくれそうだと感じますし、あのね…、と続きをはなしやすくなりますよね。

相手をほめること

褒められて嫌な思いをする人は、あまりいませんよね。
相手に自分を印象付ける話し方として、相手をほめるというのも一つのコツになります。

相手の持ち物や服など、また、待ち合わせの場所やお店の選択などを相手が決めた場合には、それも褒めポイントになるでしょう。

また、自分から誘った場合には、今日は来てくれてありがとう、と伝える、それも褒めることになります。
コーチングでは、物事をスモールステップにわけて達成していきます。
誘いに乗ってくれた、それすらも褒めポイントにしていくことで、相手はまた次も褒めてもらえるかなと無意識のうちに思うようになるのです。

 

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP