緊張しないだけで、プレゼン能力はアップする | スピードコーチングコラム

緊張しないだけで、プレゼン能力はアップする

プレゼンテーション、いわゆるプレゼンは、緊張しますよね。
どんなに自分が誰かに伝えたいと思っていることだとしても、たくさんの人の前で自分がそれを発表するなんて、緊張でうまく伝えらなかったという後悔を持つ人も多いでしょう。

どうしたらプレゼンで緊張しなくなるのでしょうか。そして、プレゼン能力をあげていけるのでしょうか。

緊張する理由から探ってみる

あなたがプレゼンで緊張する理由は何なのか、少しアセスメントしてみましょう。

人前で話すことが苦手。
人見知りなので知らない人がいるだけで緊張。
この資料を使ってのプレゼンは初めてだから緊張する。
たくさんの人に自分の意見を聞いてもらうことが不安。

いろいろな理由が出てきたのではないでしょうか?
アセスメントで大切なことは、それらの理由の中で解消できそうなものから解消していくということです。
人見知りや人前で緊張してしまうのは仕方のないことですが、このなかにいくつか自分で解決できる要因があります。
そこを自分で解消してみましょう。

“初めて”の状況をなくす

初めてだから、というのは、練習してしまえば初めてではなくすことができます。
つまり、誰かの前でプレゼンの予行練習をしてみることで、初めてだからという理由は消すことができるのです。

同僚、上司でもいいでしょう。また、親や友達など、そのプレゼンに全く関係がない人でも構いません。自分の身近な人にお願いして、実際に資料を使って練習してみましょう。

プレゼンの目指すものは、つまり自分が伝えたいことを相手に伝えることですよね。
ですから、相手にそのプレゼンに関する知識があるかないかは関係ないのです。

そして、練習相手からフィードバックを受けるとなおいいでしょう。
自分が言いたいと思っていたことを伝えられたか、どのように聞こえた、どのように見えたか、印象をフィードバックしてもらうことで、ぐっとプレゼン能力が上がることでしょう。

発表はアサーティブネスに

自分の意見を表明することに対しての不安も、自分で解消する糸口はつかめます。

反対する人がいるのではないか…
間違っていると指摘されるのではないか…

人はそれぞれに立場や思想があり、違った意見がたくさん出てくるのは当たり前です。
そんな中で自分の意見を発表するときには、アサーティブネスの心構えを身に着けておくことをお勧めします。

押し付けでもなく、意見を変えさせるでもなく、人の意見を陥れるでもなく、自分の意見をはっきりと表明する。
アサーティブネスのそんな心構えを身に着けておくと、プレゼンでも堂々と発表できるようになるはずです。

 

スピードコーチング講座Q&A

Q.コーチングが出来るようになるのですか?

コーチングは出来るようになります。感情を構成する6つのニーズの秘密、思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける誰でも使える驚異的な技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人に合ったモチベーションが維持され最も効果的で明確で楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングのステップなどのコンテンツが含まれておりますので、コーチングに必要な十分なスキルを学ぶことが出来ます。

感情を構成する6つのニーズの対立原理、感情と思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける驚異的な深層心理操作技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人メンタル向けに最適化された、効果的に楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングの7ステップなど、クライアントの深層の思いをを理解し、望む結果を手に入れる原因を作り出す スキルなどのコンテンツが含まれておりますので、一般的なコーチングに必要な十分以上のスキルを学ぶことが出来ます。

音楽学校を卒業したら、音楽ができるか?といえば、「あるレベルには達する。」と言えても達人や名人級になれるとは言えません。

しかし、参加された人の95%以上が自分の人生が激変し、未来がとても明るく感じ 対人関係が改善され毎日の充実感か圧倒的に変わるような体験をされています。これが講座中に行う多くの相互コーチングによる結果だとすれば、かなり効果のある コーチングがなされていると考えられると思います。

一瞬で夢がかなう!書籍 人生のシナリオを書き換える方法

おすすめ記事一覧

PAGE TOP