やる気、元気が出てくる名言集 | スピードコーチングコラム

やる気、元気が出てくる名言集

何か目標に向けて頑張っていても、頑張らないといけないとは分かっていても、なかなかやる気が出てこないときがありますよね。

ちょっとした失敗をして、もう一度それに挑戦しなくてはいけないときは、元気もなくなってやる気もなくなってしまいます。

そんな時、何かを成し遂げた人の名言を読むのは、元気ややる気をチャージするのにとても有効です。
名言を受け止めて実行に移すには、コーチングのスキルを知っていれば素直に受け入れられるものが多くあります。スキルごとにいくつか紹介してみましょう。

承認(アクノリッジメント)

承認、アクノリッジメントとは、文字通り、認めるということです。
自分を否定するのではなく、自分で自分のできていることを、当たり前のことでも認めてあげることで、元気が出てきます。

人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。(手塚治虫)

人間は、その人の思考の産物にすぎない。人は思っている通りになる。(ガンジー)

これらの言葉には、自分を信じること、自分を肯定的に認めることの大切さが入っていますね。

リフレーミング

リフレーミングとは、物事をいつもとは違う角度から見ることによって、ネガティブな出来事をポジティブに受け止めなおしたり、問題解決の手助けになったりするスキルです。

山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。(松下幸之助)

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。(イチロー)

簡単には超えられない壁にぶつかった時こそ、どうやってそれを乗り越えるかでその人の人生は大きく変わっていくのではないでしょうか。

アセスメント

アセスメントとは、今の自分と目標の自分との差を知り、そこへ向かってどうしたらいいのかを知るためのチェックリストのようなものです。
目標に向かって、何が足りていて何が足りないのか、それによって知ることができます。無駄を省いて目標を達成するための道筋を立てるために用いられます。

うまく使えば、時間はいつも十分にある。(ゲーテ)

希望があるところには必ず試練があるものだから。(村上春樹)

誰もが才能を持っている。でも能力を得るには努力が必要だ。(マイケル・ジョーダン)

今の自分と目標の自分とのギャップを知ることで、無駄な時間を過ごしたり、無力感から無駄なことで時間を失ったりしなくてすむようになります。
そして、どうしたら自分が目標を達成できるのか、そのためにはどのような努力が必要になってくるのかを知ることができるのが、アセスメントです。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP