大きな目標に向かうための努力が楽になる考え方 | スピードコーチングコラム

大きな目標に向かうための努力が楽になる考え方

皆さんは、今目指している目標がありますか?

受験や資格試験、なりたい自分、できるようになりたいこと、人は目標があると何かと努力するものです。

しかし、努力も長く続けていくと、頑張り方はこれでいいのか?とか、もう、なぜがんばっているのか?まで、わからなくなってしまうことがありますよね。

目標に向かって努力してきたことを認めてみよう

あなたが努力するのに疲れてしまっている理由は何でしょうか。
まだ、目標が達成できていないから?
目標が達成できると言う自信が、まだ持てないから?

しかし、今までその目標に向かって自分はがんばってきました。じぶんではそれをまだ足りないと思っているのかもしれませんが、今日、今この時点まで、自分は一生懸命努力をしてきました。
努力したのに、努力が足りないと考えず、これだけはやってきた、という事実を自分で認めてあげましょう。
コーチングでは、これを承認、アクノリッジメントといいます。

自分で自分をアクノリッジメントしてあげることによって、努力を無駄だったと思うマイナス思考を止めることができます。

小さな失敗をくよくよしない

イチロー選手を知らない日本人はなかなかいないでしょう。
イチロー選手は、プロ野球選手になるのが将来の夢、目標でした。その夢、目標を達成するために毎日努力し、練習を積み重ねていました。

しかし、甲子園で優勝したこともありませんし、プロ選手になるためのドラフトでも一位指名されて入ったわけではありません。
しかし、プロ野球選手になる、という夢を実現させ、今は日本からも出て大リーグで活躍しています。夢、目標を達成できたということですよね。

毎日毎日練習して努力してきたことは、甲子園で優勝できなかったとか、一位で指名してもらえなかったとか、そのような失敗にも取れるような出来事を乗り越える自信につながったのではないでしょうか。

自分で自分の努力を認める、小さな失敗にくよくよせず、今までの努力に目を向けて、承認、アクノリッジメントしてあげることで、努力を続けていく力になります。

ステップをたくさん用意する

大きな目標を達成しようとする場合には、努力する期間が長くなりがちで、疲れてしまうこともあるでしょう。
そのためには、先に述べたように承認、アクノリッジメントしてあげることで楽にはなるのですが、小さな目標をたくさん用意して、ここまで努力できた!という達成感を自分に与えることも大切です。

目標までのみちのりをよくアセスメントして、ここをチェックポイントにしよう、という部分を何カ所か見つけて、そのポイントごとに達成感を得ることで、努力を続けるのが楽になるはずです。

スピードコーチング講座Q&A

Q.コーチングが出来るようになるのですか?

コーチングは出来るようになります。感情を構成する6つのニーズの秘密、思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける誰でも使える驚異的な技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人に合ったモチベーションが維持され最も効果的で明確で楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングのステップなどのコンテンツが含まれておりますので、コーチングに必要な十分なスキルを学ぶことが出来ます。

感情を構成する6つのニーズの対立原理、感情と思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける驚異的な深層心理操作技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人メンタル向けに最適化された、効果的に楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングの7ステップなど、クライアントの深層の思いをを理解し、望む結果を手に入れる原因を作り出す スキルなどのコンテンツが含まれておりますので、一般的なコーチングに必要な十分以上のスキルを学ぶことが出来ます。

音楽学校を卒業したら、音楽ができるか?といえば、「あるレベルには達する。」と言えても達人や名人級になれるとは言えません。

しかし、参加された人の95%以上が自分の人生が激変し、未来がとても明るく感じ 対人関係が改善され毎日の充実感か圧倒的に変わるような体験をされています。これが講座中に行う多くの相互コーチングによる結果だとすれば、かなり効果のある コーチングがなされていると考えられると思います。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP