大きな目標に向かうための努力が楽になる考え方 | スピードコーチングコラム

大きな目標に向かうための努力が楽になる考え方

皆さんは、今目指している目標がありますか?

受験や資格試験、なりたい自分、できるようになりたいこと、人は目標があると何かと努力するものです。

しかし、努力も長く続けていくと、頑張り方はこれでいいのか?とか、もう、なぜがんばっているのか?まで、わからなくなってしまうことがありますよね。

目標に向かって努力してきたことを認めてみよう

あなたが努力するのに疲れてしまっている理由は何でしょうか。
まだ、目標が達成できていないから?
目標が達成できると言う自信が、まだ持てないから?

しかし、今までその目標に向かって自分はがんばってきました。じぶんではそれをまだ足りないと思っているのかもしれませんが、今日、今この時点まで、自分は一生懸命努力をしてきました。
努力したのに、努力が足りないと考えず、これだけはやってきた、という事実を自分で認めてあげましょう。
コーチングでは、これを承認、アクノリッジメントといいます。

自分で自分をアクノリッジメントしてあげることによって、努力を無駄だったと思うマイナス思考を止めることができます。

小さな失敗をくよくよしない

イチロー選手を知らない日本人はなかなかいないでしょう。
イチロー選手は、プロ野球選手になるのが将来の夢、目標でした。その夢、目標を達成するために毎日努力し、練習を積み重ねていました。

しかし、甲子園で優勝したこともありませんし、プロ選手になるためのドラフトでも一位指名されて入ったわけではありません。
しかし、プロ野球選手になる、という夢を実現させ、今は日本からも出て大リーグで活躍しています。夢、目標を達成できたということですよね。

毎日毎日練習して努力してきたことは、甲子園で優勝できなかったとか、一位で指名してもらえなかったとか、そのような失敗にも取れるような出来事を乗り越える自信につながったのではないでしょうか。

自分で自分の努力を認める、小さな失敗にくよくよせず、今までの努力に目を向けて、承認、アクノリッジメントしてあげることで、努力を続けていく力になります。

ステップをたくさん用意する

大きな目標を達成しようとする場合には、努力する期間が長くなりがちで、疲れてしまうこともあるでしょう。
そのためには、先に述べたように承認、アクノリッジメントしてあげることで楽にはなるのですが、小さな目標をたくさん用意して、ここまで努力できた!という達成感を自分に与えることも大切です。

目標までのみちのりをよくアセスメントして、ここをチェックポイントにしよう、という部分を何カ所か見つけて、そのポイントごとに達成感を得ることで、努力を続けるのが楽になるはずです。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP