コーチングを学ぶと何が変わるのか | スピードコーチングコラム

コーチングを学ぶと何が変わるのか

毎日何も変わらない日々に嫌気がさし、自分を変えたい、この生活を変えたいなどという変化への希望を持った思いから、いろいろな方法を試しているうちに、コーチングにたどり着いた人も多いでしょう。

コーチングを学ぶことで、具体的には何が変わるのでしょうか。

コーチングにできること

コーチングは、人の行動を変えることができるといわれています。

そのため、勉強のやる気を出すとか、頑張れない自分を変えるという、結果のはかりにくいことが事例として挙げられていることが多いですよね。

本当にそんな簡単に変われるのだろうか?と懐疑的な気持ちになるのも無理がありません。人はまだ体験したことがない物事に対しては慎重になるものです。

しかし実際に、コーチングを学ぶことによって、たくさんの気づきを得ることができるのは事実なのです。
より良くなりたいという思いを持っている向上心があるあなたであれば、よりたくさんの気づきを得られることでしょう。

学んだことによって自分が変わってくる

コーチングを学び、コーチングのスキルをより具体的に知り、身に着けていくことで、自分の毎日の仕事、毎日の生活の見え方が少し変わって見えます。

今まで当たり前のようにしていた行動が、だんだんとかわってきます。
それも自分が望む、変わりたいと思う方向に変わってくるのです。

いつもなら落ち込んでどうしようもない失敗をしてしまったけれど、今回はそれほど落ち込まずに考えられるようになった、とか
人と話すのは怖いと思っていたけれど、それほど怖いことではないと思えるようになった、とか

コーチングを学ぶことで、自分が自分のコーチになってあげられるようになるのです。それによって、もっと良くなりたいという思いを実現する助けとなるでしょう。

自分が変わると周囲にも効果が

自分がコーチングを学ぶことで、自分だけでなく、結果的に周りの人の行動までも変えることにつながります。

自分がコーチとして周りの人々に接することができるようになるのですから、それによって、周囲から受けている日々の生活のストレスが激減するというのも、コーチングを学んだあとの変化としてはよくあることです。

そりの合わない上司と今日はうまく会話できた、とか
子どもがいつもよりスムーズに宿題を始めた、とか
夫が家事を手伝うようになった、とか

コーチングを学ぶことで、あなた自身の人生も変わることになるでしょう。

 

スピードコーチング講座Q&A

Q.プロコーチとして活動できますか?

コーチングのスキルを習得し、同時にクライアントを募集する事で、直ぐにプロコーチとして活動されている受講生もいます。

音楽学校を卒業したら、プロミュージシャンとして活動できるかという質問に似ています。卒業と同時にプロ活動ができる人は少ないでしょうが、プロを目標としてクライアントを増やしていけば、プロとしての活動は問題ないでしょう。

しかし卒業後も、習った手法を練習したり、応用で使ってゆけるように、再受講システムや、Skypeコーチング、Skypeでのライブコーチング、メーリングリスト、練習会、復習会などの数多くサポートシステムがありそのサポートも常に進化し続けています。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP