感情をコントロールするための練習とは | スピードコーチングコラム

感情をコントロールするための練習とは

イライラしやすい、すぐカッとなる、落ち込みやすい、やる気がなかなか出ない…
自分の感情のコントロールがうまくいかなくて悩んでいませんか。

感情のコントロールができない、と感じている人の多くは、怒りや悲しみなどの負の感情について「止めることができない」「がまんできない」と感じていることが多いのではないでしょうか。

嬉しくなりすぎて困ってしまう、楽しくなりすぎて困ってしまうという話はあまり聞いたことがありませんよね。

感情に良い悪いはない

感情とは何なのでしょうか?

花を見て、綺麗だと思う
誰かの悲しい話を聞いて、自分も悲しくなってくる
お笑い番組を見て、楽しくなる
褒められてうれしくなる

何か、出来事に触れた時に自分の心の中に湧いてくる、そんな反応です。
何も起こらなければ、喜怒哀楽は出てきません。何か物事に対しての反応です。

それぞれの感情には、良い、悪い、などというものはありません。
自分の心がそう反応しているんだ、と、まずは自分で自分を承認、アグノリッジメントしてあげましょう。

感情に任せた行動は悪いこともある

ただ、その感情を感じた時にどう行動するか、その行動については、良い悪いがあるでしょう。

感情に左右されて、イライラしてなにかに八つ当たりしたりして傷つけてしまう、その行動は、悪い行動ということができるでしょう。

しかし、イライラすることそのものは、悪いことではないのです。
心が正常なので、正常に物事に反応している、それだけのことなのです。

練習してみることが大切

感情に左右されてとる行動をコントロールしたいと思うのであれば、ロールプレイ、練習してみることが大切です。
最近イライラしたことや、悲しくなりすぎた出来事を思いだしてみましょう。

そのときあなたは、アソシエーションの視点で思いだしていませんか?

アソシエーションの視点では、過去の体験を再び実体験するがごとく、その時の自分の視点から物事を見ることが多いと思います。

それをしてしまうと、もう一度その出来事にイライラしたり悲しんだりしてしまう可能性が高いですので、別な視点をお勧めします。

ディソシエーションでリフレーミング

負の感情を思い出して感情をコントロールする練習にするには、ディソシエーションの視点で思いだしてみることをお勧めします。

アソシエーションとは反対に、その時の出来事を、客観的に、第三者視点で眺めてみるのです。

そうすることによって、自分の感情や反応を、リフレーミング、他の視点から見直してみることができるようになりますので、今度同じようなことが起こった時にはどう対応するのがいいか、考えやすくなります。

スピードコーチング講座Q&A

Q.コーチングが出来るようになるのですか?

コーチングは出来るようになります。感情を構成する6つのニーズの秘密、思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける誰でも使える驚異的な技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人に合ったモチベーションが維持され最も効果的で明確で楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングのステップなどのコンテンツが含まれておりますので、コーチングに必要な十分なスキルを学ぶことが出来ます。

感情を構成する6つのニーズの対立原理、感情と思考の変換方法、不安や恐怖を簡単に取り除ける驚異的な深層心理操作技術、モチベーションのコントロールスキル、日本人メンタル向けに最適化された、効果的に楽しめるゴール設定の方法、そして、コーチングの7ステップなど、クライアントの深層の思いをを理解し、望む結果を手に入れる原因を作り出す スキルなどのコンテンツが含まれておりますので、一般的なコーチングに必要な十分以上のスキルを学ぶことが出来ます。

音楽学校を卒業したら、音楽ができるか?といえば、「あるレベルには達する。」と言えても達人や名人級になれるとは言えません。

しかし、参加された人の95%以上が自分の人生が激変し、未来がとても明るく感じ 対人関係が改善され毎日の充実感か圧倒的に変わるような体験をされています。これが講座中に行う多くの相互コーチングによる結果だとすれば、かなり効果のある コーチングがなされていると考えられると思います。

一瞬で夢がかなう!書籍 人生のシナリオを書き換える方法

おすすめ記事一覧

PAGE TOP