セミナーってあやしい気がするけど、大丈夫? | スピードコーチングコラム

セミナーってあやしい気がするけど、大丈夫?

セミナーと聞いて、どんなイメージを持たれるでしょうか。
「一部の特殊な人だけが集っている」「騙されるのではないか」そんなネガティブな印象を抱いている方もいるかもしれません。

自分が新しいことを学ぶ時、その方法は様々です。

書店に行けば、新刊本は毎日出版されていて、マニュアル本も数多くあります。また、外出しなくても、インターネットからクリック一つで購入できます。

必要であれば、著者などが開く講演会に行くこともできます。さらに、フリー時代の到来と言われる現代において、無料の情報は溢れています

その中で、なぜあえて、お金を払ってまでセミナーに参加する人がいるのでしょうか?

究極の学び方

人間は、五感を通して情報を取得し、物事を学んでいきます。

赤ちゃんの成長を思い出すと、とても分かりやすいでしょう。まだ何も分からない赤ちゃんは、見るものや聞こえるもの全てに触れ、時に、口に入れて味わいます。好奇心のおもむくまま、自由に動き回り、常に五感を使いながら学び続けます。

どんな大人であっても、生まれたばかりの赤ちゃんや、まだ小さな子供たちの学びのスピードには、ついていくことはできません。

五感を通した学び方は、それほど効果的なのです。そしてこれこそが、人間にとって、究極の学び方と言えるのです。

大人と子供の学び方の違い

しかし、子供たちは、小学校に入学する頃から、この五感に根差した学び方を、次第に変えていかなくてはならないのです。

学校では、決められた時間は、席に座っていなくてはなりません。赤ちゃんの時のように、自分の興味に従って、体を動かすことはできません。

また、授業の間は、主に教科書を使った視覚情報を取り入れます。
文字を通してよりも、耳から聴く方が学びやすい子供もいるはずですが、学校では視覚情報に強い子供を育てます。

そして学校教育を終えた大人たちは、五感の中でも、特に、視覚情報に大幅に偏った情報収集を行うようになります。その典型が、読書です。

しかし、五感を使った赤ちゃんの学び方と比べると、読書による学び方は、圧倒的に効果が劣ります。

あえてセミナーで学ぶ大人たち

読書などの視覚を通して、学ぶことに長けている大人たち。わざわざセミナーに参加しなくとも、同じ情報は、本から得られるかもしれません。

しかし、理解のスピードや深さは、五感を通した学びにはかなわないのです。あえてセミナーで学ぶ大人たちは、そのことを知っています。

そして、講演会のような、ただ聞くだけのセミナーもある中で、特に五感を使いながら学べるセミナーを選びます。それは、仮に情報量が同じだとしても、自分自身の学びの吸収力が違うからです。

自分の中のイメージだけで、セミナーは怪しいと思っているならば、それは本当にもったいないことですよね。

とはいえ、悪質な事業者が主催するセミナーがあることも、残念ながら事実ではあります。
スピードコーチングは、世界No1コーチとして名高いアンソニー・ロビンズに認められたクリス岡崎が代表を務める、確かなセミナーです。安心してご参加ください。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

人生を一瞬で変える7つの法則:やる気&モチベーションアップ!不安を解消し人生が変わる“感情のサイエンス7日間講座”を無料でお届け!

おすすめ記事一覧

PAGE TOP