仕事が面白くない、自分にはもっと合う仕事があると思っている方へ | スピードコーチングコラム

仕事が面白くない、自分にはもっと合う仕事があると思っている方へ

人生のどのくらいの時間を、あなたは仕事に費やしていますか?

人によって、その時間は違うかもしれません。しかし、天職だといえる仕事を見つけられた人は、働きながら、日々、幸せを感じていることでしょう。

しかし残念ながら、そんな人は多くないのが現実です。仕事が面白くないと思っていても、しょうがないという諦めの気持ちから、その仕事を続けている人は多いのです。

面白い仕事と面白くない仕事の差

自分に最適な仕事とは、ある意味、生きがいを感じることができる仕事です。

だからこそ、仮に困難があっても、障害があっても、何があったとしても、その仕事を全うすべく動きます。そして、それには相応のコミットメントが必要であり、自分の責任と覚悟を伴います。

ただ、どんな仕事でも、最初からそのような状態であったかといえば、そうではありません。

ある人は、最初は、嫌で嫌でしょうがなかった仕事をしていくうちに、自然とやる気がわいてきたのかもしれません。またある人は、偶然、始めた仕事に興味がわき、その道のスペシャリストになると決めたのかもしれません。

そんな、面白い仕事と面白くない仕事の差は、一体どこにあるのでしょうか。

仕事を通した自己実現への道

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、人間の欲求を、5段階のピラミッドに分けました。そして彼は、低階層の欲求が満たされると、次第に高次元の欲求を求めるようになると分析しました。

最下層の欲求は、食べたり寝たりといった生理的欲求です。

この段階にいる時、人間は仕事をしていても、お金を稼ぐことが最大の興味となります。その仕事が面白いか面白くないか、それにはほとんど関心がありません。

そこから、段階的に、安全な暮らしを願う「安全欲求」や、集団に属したいと願う「社会的欲求」、さらには、他者から認められたいと願う「尊厳欲求」を求めるようになります。

そして人間の成長プロセスにおいて、最終的な欲求となるのが、自分の能力を最大限に活用する「自己実現欲求」なのです。

これらの欲求は、日々の仕事を通して、自ら叶えようとしています。

つまり、私たちは、仕事をすることで、最終的には、自己実現をしようとしているのです。

スピードコーチングで得られるもの

自己実現は、自分の日々の行動の結果です。

しかし、今の仕事に満足していなければ、自分の能力をそれほど使うこともなく、ただ時間を過ごしているのかもしれません。それではいくら仕事をしていても、自己実現につなげることはできないでしょう。

全ての行動の根本にあるのは、感情です。そして、自分の行動を変えるには、自分の感情を変える必要があります。

スピードコーチングは、他の一般的なコーチングと違い、感情の取り扱い方を教えています。この感情をマスターできれば、行動は自然と変わるのです。

面白くないと思っている仕事をしている人は、まずは自分の感情と、向き合ってみるといいかもしれませんね。

スピードコーチング講座Q&A

Q.MOVEコーチングの参加者はどのような方が多いですか?

30代~40代のビジネスパーソン(会社員、経営者、個人事業主)の方を中心に、10代学生~70代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。男女比は同じくらいです。
自分の人生に役立てたい、家族との関係をよくしたい、今の仕事に活かしたい、コーチとして活動していきたい、など受講目的はさまざまですが、受講後の感想で「互いの夢を応援しあい、成長を助け合える仲間ができた」とおっしゃる方が多いです。

一瞬で夢がかなう!書籍 人生のシナリオを書き換える方法

おすすめ記事一覧

PAGE TOP