人間関係に悩み、行き詰っている方へ | スピードコーチングコラム

人間関係に悩み、行き詰っている方へ

学校であっても、会社であっても、それがどんな場所であったとしても、そこには共通の問題があります。
それは人間関係です。

書店に売られているコミュニケーション術の本の中には、とても簡単に、こんなことが書いてあります。

「他人と過去は変えられない。けれど、自分と未来は変えられる。」

このフレーズは、誰もが納得する真実でしょう。しかし、実際の人間関係で、このフレーズを元に行動することができる人は、どれだけいるでしょうか。

どこにでもある問題

組織の中の問題は、表面的には、多種多様なテーマに分かれます。

方向性の違い、価値観の相違、行動パターンの差。そしてさらにそこから、より具体的な問題に、枝分かれしていきます。

それぞれの人たちは、育った環境も違えば、それまでの経験も違います。そしてもちろん、何を正しいとするかの常識も異なります。

そんな中で、人間関係の悩みは生まれ、一体どうすればいいのか分からなくなります。
しかし、その根本にあるのは、コミュニケーションの問題だけなのです。

コーチング力はコミュニケーション上達への近道

コミュニケーションに問題があると、意思の疎通が難しくなります。また、本来であれば、同じ方向を歩いているのに、それさえ感じられなくなります。

反対に、コミュニケーション力が上がってくると、相手をありのまま受け入れ、結果、よりよい関係性が生まれてきます。つまり、1+1が3以上になる、そんな関係が生まれるのです。

コーチングのスキルは、そんなコミュニケーション力を向上するためのツールになります。

コーチングを学ぶと、本来の自分は、どんな目標を望んでいるのか、それが分かります。また、自分や相手の可能性を引き出すこともできるようになります。

もしくは、自然と自分の感情を的確に修正したり、相手の存在を受け入れやすくなったりするのです。

スピードコーチングで学ぶ意義

数あるコーチングセミナーの中でも、特にスピードコーチングで学ぶ意義は、2点あります。

一つは、本当の変化に必要な「感情の変え方」をマスターできること。通常のコーチングでは、傾聴や承認、質問といった3つのスキルを学びます。ただ、これだけでは、人間の行動にとって、最もパワフルな原動力である「感情」の操作は不可能です。

そして第二に、「無意識レベルでの障害を取り除く」ため、独自のメソッドを学べること。

この障害には、感情的な好き嫌い、また、苦手意識や恐怖心などがあります。これらは新たな行動を起こすための障害であり、その自覚が薄いことが多いのです。

世の中には、コーチングのコースは沢山あります。しかし、本当に自分を変えたければ、スピードコーチングで学べるこの2点が、実は最も大切なのです。

人間関係の悩みは複雑です。また、この問題は、どこに行っても存在します。

だからこそ、理想の環境を求めるのではなく、コーチングのスキルを使って、コミュニケーション力を高めていきたいですね。

スピードコーチング講座Q&A

Q.スピードコーチングはNLPとどこが違いますか?

MOVEコーチング、スピードコーチング本講座は、理論だけでなく、
・講座中にワークを多く取り入れている。
・記憶に残りやすいようなサイエンスを用いている。
・日本人の文化や環境にあうように工夫されている。
といった特徴があります。

日本語と英語では語順が違うので英語を翻訳したNLPだと、日本人には意味が通りにくかったり効果が少なくなってしまう場合があります。また、欧米人と比べると、日本人は控えめ、周りとの和、協調性を大切にする傾向があります。このような環境ですと、人生を変えるための行動を無意識のうちに抑えてしまいがちです。

そのような点を考慮して、クリス岡崎は笑いながら楽しく学べるサイエンスを取り入れ、日本人の感情に響くように改良を加え、夢の実現、成長を応援しあう仲間たちのいる環境をつくりました。

何度も繰り返して学べるようにMOVEコーチングは再受講2回まで無料、スピードコーチング本講座は3年間再受講無料で、何回でも受けていただくことができます。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP