人間関係に悩み、行き詰っている方へ | スピードコーチングコラム

人間関係に悩み、行き詰っている方へ

学校であっても、会社であっても、それがどんな場所であったとしても、そこには共通の問題があります。
それは人間関係です。

書店に売られているコミュニケーション術の本の中には、とても簡単に、こんなことが書いてあります。

「他人と過去は変えられない。けれど、自分と未来は変えられる。」

このフレーズは、誰もが納得する真実でしょう。しかし、実際の人間関係で、このフレーズを元に行動することができる人は、どれだけいるでしょうか。

どこにでもある問題

組織の中の問題は、表面的には、多種多様なテーマに分かれます。

方向性の違い、価値観の相違、行動パターンの差。そしてさらにそこから、より具体的な問題に、枝分かれしていきます。

それぞれの人たちは、育った環境も違えば、それまでの経験も違います。そしてもちろん、何を正しいとするかの常識も異なります。

そんな中で、人間関係の悩みは生まれ、一体どうすればいいのか分からなくなります。
しかし、その根本にあるのは、コミュニケーションの問題だけなのです。

コーチング力はコミュニケーション上達への近道

コミュニケーションに問題があると、意思の疎通が難しくなります。また、本来であれば、同じ方向を歩いているのに、それさえ感じられなくなります。

反対に、コミュニケーション力が上がってくると、相手をありのまま受け入れ、結果、よりよい関係性が生まれてきます。つまり、1+1が3以上になる、そんな関係が生まれるのです。

コーチングのスキルは、そんなコミュニケーション力を向上するためのツールになります。

コーチングを学ぶと、本来の自分は、どんな目標を望んでいるのか、それが分かります。また、自分や相手の可能性を引き出すこともできるようになります。

もしくは、自然と自分の感情を的確に修正したり、相手の存在を受け入れやすくなったりするのです。

スピードコーチングで学ぶ意義

数あるコーチングセミナーの中でも、特にスピードコーチングで学ぶ意義は、2点あります。

一つは、本当の変化に必要な「感情の変え方」をマスターできること。通常のコーチングでは、傾聴や承認、質問といった3つのスキルを学びます。ただ、これだけでは、人間の行動にとって、最もパワフルな原動力である「感情」の操作は不可能です。

そして第二に、「無意識レベルでの障害を取り除く」ため、独自のメソッドを学べること。

この障害には、感情的な好き嫌い、また、苦手意識や恐怖心などがあります。これらは新たな行動を起こすための障害であり、その自覚が薄いことが多いのです。

世の中には、コーチングのコースは沢山あります。しかし、本当に自分を変えたければ、スピードコーチングで学べるこの2点が、実は最も大切なのです。

人間関係の悩みは複雑です。また、この問題は、どこに行っても存在します。

だからこそ、理想の環境を求めるのではなく、コーチングのスキルを使って、コミュニケーション力を高めていきたいですね。

スピードコーチング講座Q&A

Q.MOVEコーチングの参加者はどのような方が多いですか?

30代~40代のビジネスパーソン(会社員、経営者、個人事業主)の方を中心に、10代学生~70代の方まで幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。男女比は同じくらいです。
自分の人生に役立てたい、家族との関係をよくしたい、今の仕事に活かしたい、コーチとして活動していきたい、など受講目的はさまざまですが、受講後の感想で「互いの夢を応援しあい、成長を助け合える仲間ができた」とおっしゃる方が多いです。

講座の様子・最新情報がわかる! スピードコーチングブログ

おすすめ記事一覧

PAGE TOP